くすりエクスプレスの利用前に知っておきたい最低限の知識

男性の方などは外観上で老いの現象が現われてしまう事が多く、これは例えば髪の毛の抜け毛の進行が有って、多くの方が悩んでいるのです。

そして多くの育毛剤や発毛剤が販売されているのですが、とても多くの商品があって含有成分や効能の高さそして価格が異なるので迷うケースも少なくありません。
お勧めなのは発毛に効果の高いミノキシジルを配合した製品なのですが、これは継続して利用する事が必要ですので、安い値段の商品を選定する事が大切となります。
私はこれを実現する為に海外の医薬品の個人輸入代行業者であるくすりエクスプレスを利用してみました。

この業者は海外で販売されている医薬品の輸入手続きなどを代行してくれるサービスを行っているのです。

実際にこの業者でミノキシジルを含む医薬品の値段を国内と比較してみたのですが、海外で同様な成分を含む商品は国内の数分の一の値段で購入する事が可能でした。

この輸入代行業者ではサイト構成がとても利用し易い様になっていて、それは例えば人気の医薬品ランキングであったり、薬の種類で希望とする商品を探し出す事が出来ます。
また医薬品の中にはナイトライフを充実させるための商品も有りまして、これらは注文したことを他の人に知られたくないのですが、この輸入代行業者で購入しますと梱包に商品名を記載しないなどの配慮がされてたのです。

そして商品の国内配達料は無料ですし、この業者においては商品の発送状況をネット上で追跡する事が出来ますので、いつごろ届くかを把握し易く便利な上に、商品発送を局留め対応する事も可能ですので、私も局留め対応して家族に知られずにナイトライフに関する医薬品の購入がスムーズに行えました。

医薬品の個人輸入代行業者は幾つも有るのですが、この輸入代行業者では気になる症状から医薬品を素早く選ぶ事が出来たり、或は利用者からの口コミをサイト内に掲載するなどしてユーザー目線でサイトを運営しており、ユーザーから信頼の高いサービスを提供しています。

またこの個人輸入代行業者では商品代金を決済する際に様々な支払方法が行えまして、私はクレジットカードを利用して決済したのですが、とても簡単に手続きが行えましたし、これ以外にも商品を引き渡ししてもらう際に現金で支払う方法も有るのです。
kureka
クレジットカードが利用できますと、カード利用によるポイントも付与されるなど利用者にとってメリットが有りますのでとてもお勧めとなります。

この個人輸入代行業者では一度会員登録を行いますと、次回購入時に改めて各種情報を入力する必要が有りませんので、このサイトにログインしますと商品選定後の発注時には自動的に送付先などが表示されるので、購入手続きを行う際の時間も少なくて済むのです。

皆さんの中でこれから海外の医薬品の個人輸入代行サービスを利用される方も見えると思いますが、インターネットの業者比較サイトを閲覧して検討する事もお勧めとなります。

関連サイト

このページで紹介したくすりエクスプレスについてご紹介します。
参考サイト・・・くすりエクスプレス
詳しい説明をきちんと見て、把握して、上手に個人輸入をする事が大事です。
上記のサイトをよく見て注意事項を把握してから入手するように

チャンピックスで禁煙がうまくいく仕組み

禁煙外来で用いられる禁煙のための補助薬のひとつに、チャンピックスという薬があります。
禁煙に何度も取り組んでみたけれど、その都度挫折してしまう、たばこを吸いたい気持ちを抑えるのが難しいという人は多いものですが、これはニコチンの依存性によります。
ニコチンの依存性というのは、脳内の神経伝達細胞ニューロンにある受容体に関係があります。
脳内にはニコチンに感作する受容体があって、そこにニコチンが結合するとドーパミンが放出される仕組みになっています。
ドーパミンは心地よさの伝達物質ですから、結果的にたばこをおいしいと感じるわけです。

逆に体内にニコチンが少なくなってくると、ドーパミンが出ませんのでいらいらしたり不安を感じたりしてたばこを吸いたいという気持ちになってしまうのです。
これがニコチンの依存症で、禁煙を難しくする要因です。
チャンピックスは、このニコチンの依存性を応用した禁煙補助薬です。
有効成分はバレニクリン酒石酸塩といって、ニコチンのように脳内のニコチン受容体と結合することができる成分です。

バレニクリン酒石酸塩がニコチンの受容体に取り付くと、ニコチンの時と同じくドーパミンが放出されますのでたばこを吸った時のような心地よさが得られます。
これがこの薬の効能で、たばこを吸う前に服用しておけば薬の有効成分がニコチンの受容体に先回りするためニコチンの禁断症状を防ぐことができるという仕組みです。
バレニクリン酒石酸塩の働きにより、本人が特別に頑張らなくてもたばこを吸いたいという気持ちを自然に抑えることができるのがチャンピックスを禁煙に用いる最大のメリットです。
またこの薬には、たばこをおいしいと感じさせなくなるという作用もあります。
たばこよりも先に服用しておくことでニコチンの代わりに薬の有効成分が受容体に作用していますから、体内にはニコチンが十分にあるのと同じ状態が作られています。
ですから、たばこを吸っても満足感にはつながらないためより禁煙がしやすくなるのです。

チャンピツクスの使用方法として、服用を始めて最初の数日間は今まで通りたばこを吸ってもいいというのも、服用を続けていれば自然にたばこがおいしくなくなりたばこから遠ざかることができるからです。
禁煙補助のために使われるものには、他にニコチンパッドや二コチンガムなどがあります。

これらも禁煙を助ける原理は同じです。
しかし、ニコチンパッドやニコチンガムでは、たばこ以外の方法でニコチンを体内に補充することでたばこを吸いたいという衝動を抑えるため、肝心のニコチン依存をたちきることにはつながっていきまん。
その点このチャンピックスは、ニコチンとは別の物質でニコチン依存をたちきる仕組みになっている唯一の補助薬です。
ニコチンではない物質でたばこがやめられ、ニコチンの依存症を根本から断ち切ることができるので禁煙の成功率がほかの禁煙補助薬に比べても格段に高いのです。

チャンピックスでストレス無しに禁煙しましょう。

世の中には、喫煙を愛し、タバコを吸い続ける愛煙家と言う人達が沢山おられます。
そしてその中に、悪習である喫煙行為を中止したいと考えている人も沢山いるはずです。
「タバコをやめたいならばただちに辞めればいいの」に他人は思うけれども、実際はタバコを吸い続ける人達が沢山存在するのも事実です。

二重人格、1人論理矛盾の固まりのような人達が沢山いるということなんでしょう。
体に著しい害があるのは良くわかっているが、長年の間に喫煙することで快適に回るようになった体のサイクルを変えることが出来なくて苦しんでいる人が沢山いるということです。

その為昔からタバコをやめるための様々な努力がなされてきました。
禁煙パイボ、電子タバコ、禁煙セラピー、座禅、禁煙マラソン、アレンカージャパン(禁煙セラピーの生受講)、ニコレット、ニコパッチ、禁煙草等の多くの方法が開発されて、禁煙したいと思っている多くの人達が実践しました。
上手く行った場合も有りそうでない場合も有りました。

タバコの害は、すなわち命につながることになるので本来真剣に対応すべき事柄なのに、いい加減で終わってしまう人があとを絶ちません。
これらの方法では、確かに今までのタバコを吸いたいと言う禁断症状はかなり緩和されて、そのまま禁煙してしまうことが可能です。
ただその半面、タバコを吸いたいと言う気持ちには、まだなるので、禁煙を勝ち取るためには強い意志の力が必要になります。
それで、その時に、最初の決意にも関わらず、タバコをまた吸ってしまう人がいます。
このあたりが従来の禁煙メソッドの限界ではありました。

そして真打ちチャンピックスの登場となりわけです。
チャンピックスはあのED治療薬バイアグラを世に送り出したあのファイザー社です。
タバコを吸うことで体内に取り込まれたニコチンは、”α4β2ニコチン受容体”とくっつくことで、ドーパミンが放出させます。
このドーパミンが喫煙者にことのほかの快感を与え、「おいしい」と感じさせるようになっています。

このメカニズムに着目したファイザー社は、α4β2ニコチン受容体にバレニクリン酒石酸塩をぶつけることでニコチンがα4β2ニコチン受容体にくっつくのをブロックします。
ニコチンは、くっつく相手がいなくてウロウロすることになるわけです。
これは人体でCOによる酸欠症状になるときの状態と良く似ています。

酸欠の場合に、ヘモグロビンに酸素がくっつく前に、一酸化炭素がくっついてしまうので酸素が体内に取り入れられなくなるから発生します。
チャンピックスの場合、ニコチンが体内に入らないようにバレニクリン酒石酸塩がニコチンの邪魔をすることになります。
そうなると、今までニコチンを摂取しないと出来なかったドーパミンが、ニコチン無しでも発生するようになるのでタバコを吸って上手くないという状態が発生します。
このことで、苦労なしで禁煙が出来るようになります。

このことは大変凄いことです。
是非、禁煙メソッドで行き詰ったら一度お試しください。
一度禁煙に失敗した人にお勧めと言えるでしょう。

禁煙補助薬チャンピックスの効能

個人ではなかなか難しい禁煙ですが、最近は禁煙外来の置かれている病院も増えています。
禁煙外来では医師の指導のもと、必要があれば禁煙の補助剤なども使って禁煙の成功率を高める治療をしています。
禁煙外来ではいろいろな禁煙のための薬が処方されますが、成功率が高いことで有名な薬のひとつにチャンピックスがあります。
この薬には脳内の神経細胞にあるニコチンの受容体をコントロールする効能がありますので、本人の意思の強さなどとは無関係に禁煙がスムースに進みます。
たばこがなかなか止められないメカニズムは、ニコチン受容体とドーパミンの放出にあります。
たばこを吸うとニコチンが体内に入りますが、体内に入ったニコチンは脳のニューロンにあるα4β2というニコチン受容体に結合します。
すると快の神経伝達物質であるドーパミンが放出されるので、心地よい、またたばこをおいしいと感じます。
禁煙補助のために使われるチャンピックスには、有効成分としてバレニクリン酒石酸塩が含まれています。
このバレニクリン酒石酸塩はたばこのニコチンと同じようにニコチン受容体に結合する性質を持っていて、実際に結合するとたばこの時と同じようにドーパミンも放出されます。
このメカニズムを応用することにより、この薬を服用すれば体内にニコチンが足りなくなることで起こる「たばこを吸いたい」という症状を抑えることが可能なのです。
つまり、本人の意思や努力とはまったく関係のないレベルで禁断症状を抑えることができるために禁煙の成功率が高くなります。
他の禁煙補助の薬にはニコチンパッチやガムなどがありますが、ニコチンパッチなどですとたばこ以外のルートで体内にニコチンを取り込んでニコチン受容体に結合させてドーパミンを分泌させることでたばこを吸いたいという欲求を抑えています。
ですから、ニコチン依存を改善するための対策として考えるとパッチやガムでは不十分ということになります。
その点禁煙補助薬のチャンピックスはニコチン以外の物質をニコチン受容体に結合させてドーパミンを放出、ニコチン不足を感じさせない治療なので禁煙とニコチン依存の両方に効果が期待できます。
またこの薬には、たばこをおいしいと感じさなくなる効果もあります。
喫煙している間は体内で足りなくなったニコチンをたばこで補充していますから喫煙することで快感や満足感が得られていました。
しかしチャンピックスをたばこよりも先に服用していれば、ニコチン受容体にニコチン以外の物質、つまり薬の有効成分が結合していますから既に体内には充分な量のニコチンがあるに等しい状態が保たれているわけです。
ですからそこへたばこを吸っても、たばこによる満足感や快感は得られず、次第に喫煙を心地よいと感じなくなっていきます。
薬の成分が作用すれば無理なくたばこから遠ざかることができますので、服用し始めの間は無理に禁煙をしなくてもよいとされているのもチャンピックスの人気の理由のひとつです。

ニコチン依存症は治療できます。チャンピックスで身体の中から禁煙体質に

ここ数年で、愛煙家の立場は随分と弱くなったように感じます。
どこに行っても禁煙で、食後に一服できるレストランも少なくなってきました。
オフィスやレストラン、カフェなどはもちろん、居酒屋などでも全面禁煙の店があるくらいです。
また、短い期間でたばこの値段は倍近くまで値上がりしています。

1997年には230円で売られていたたばこが、2014年には430円出さなければ買うことができなくなりました。
17年間で、5回も値上がりしたのです。
やはりそんなに値上がりしては、身体の健康のためだけでなく、経済的な面からも禁煙する人が増え、喫煙率も低下していきます。
厚生労働省の調査によると、1990年には成人男性の半分以上にあたる53%の人が喫煙していました。

しかし、前述のたばこの銘柄が410円となった翌年の2011年には、喫煙率は32.2%と、大きく減少しています。
つまり、20年の間に、およそ20%の人が禁煙に成功したのです。
その20%の人達は、どうやって禁煙したんだろう、自分も何度も禁煙しようとしたけど、意志が弱くてダメだった…というような禁煙の挫折経験を持つ方に朗報があります。
意思の力だけでは、長年の習慣でもある喫煙をやめることは大変難しいことだと言えるでしょう。
しかし、よく考えてみてください。
煙を吸って、「うまい」と感じるなんて、おかしいと思いませんか?
たばこを吸うことで得られる、「うまい」や快感は、たばこに含まれるニコチンのせいに他なりません。

脳内にはニコチン受容体という部分があり、そこに喫煙で取り込まれたニコチンが結合することで、ドーパミンが放出されて快感を感じさせます。
よく言うニコチン依存症ですね。
「症」と付くからには、ニコチン依存症は病気だと言えます。
その病気を治療してくれるのが、チャンピックスというお薬です。
従来、禁煙時に用いられたようなパッチやガムなどではなく、チャンピックスは服用タイプのニコチン依存症治療薬です。
前述のニコチン受容体に結合し、ニコチンの場合よりは少量ですが、ドーパミンを放出させることができます。
その結果、イライラと落ち着かない禁煙時のニコチン切れを軽くしてくれるのです。

更に、誘惑に負けてつい一服してしまったとしても、「うまい」と感じにくくしてくれる効果もあります。
そもそも喫煙というのは、ニコチンが体内に取り入れられることで快感や満足感が得られるため、「たばこはうまいもの」だと誤った認識を無意識のうちにしていただけに過ぎません。
チャンピックスは、ニコチン受容体に先回りしてニコチンが必要ない状態に導いてくれるので、たばこを吸ってもうまいと感じなくなるのです。
チャンピックスは、禁煙外来のほか、個人輸入の代行業者サイトからでも購入することができます。

忙しくて受診が難しい方や、近くに禁煙外来のない方などは、利用してみると便利かもしれません。
身体のためにはもちろん、お財布のためにも、禁煙を考えてみてはいかがでしょう。

服用すればタバコがまずくなるチャンピックスの優れた効果。

タバコは悪魔が伝えたものと、芥川竜之介の短編小説にはありますが、タバコが人体に害を及ぼすということを考えれば、悪魔が伝えたという文章も深く頷けます。
身体に良くないものですから、人は禁煙を実行しようとするのです。
これまでに禁煙をしようと思って、さまざまな方法を試みてきた人は少なくありません。
そうした禁煙サポート薬として発売されているものはいろいろあります。
たとえば身体に貼るタイプの薬ですとか、ニコチンのガムですとか、それらはテレビのコマーシャルでも話題になり、かなりの利用者がいるようです。
ここで気をつけたいのが、それらの禁煙サポート薬にはニコチンが含まれているということです。
これは禁煙をすることでニコチンを欲しがる気持ちが出てくるのを和らげてくれる作用をします。
しかし、このニコチンというのがどうしても気になるという人も多いのではないでしょうか。
そこで最近新しく登場した禁煙サポート薬に、チャンピックスというものがあります。
これにはニコチンは一切含まれていません。
しかし、これを服用することで、タバコを吸いたいという気持ち自体を抑えてくれる働きをするのです。
具体的に言いますと、チャンピックス服用中に喫煙すると、タバコから得られる満足感というものがなくなるのです。
このチャンピックスの最大の特徴と言えるものは、服用していてもタバコを吸うことができるということです。
よく禁煙をするときには、もう一本も吸わない、というのが絶対的な条件でしたが、ムリにタバコを止めなくてもいいのです。
ただし、前述したようにタバコを吸うときの満足感はなくなります。
タバコを吸っても満足感が得られないのであれば、これは吸う価値がありません。
最近は急激にタバコの値段も上がっていますから、できることなら吸わない方がお小遣いも減らずにすみます。
第一、今の世の中で喫煙できる場所というのもかなりなくなってきていますから、禁煙することは一番いいことなのでしょう。
チャンピックスで禁煙をスタートすると、わずか2日か3日でタバコの味がまずくなった、と言う人がかなりいます。
そして、自然とタバコを吸わなくなる場合も多いようです。
これは成功例ですが、人によってその効果もさまざまでしょう。
確かに禁煙は良いことです。
自分にも、そして周りの人たちにとってもベストなのです。
でも、その禁煙を実行した場合、気になるのは太るということではないでしょうか。
おそらくこれは、禁煙をすることによって食べ物がより美味しくなるということにも理由がありそうです。
それでつい量が増えてしまうというのではないでしょうか。
また、タバコを吸っていたことで得ていた満足感というものも多大に影響しているようです。
この満足感がなくなり、それを食べる方へ向けるというものです。
ですから、いくらチャンピックスで禁煙に成功しても、食べすぎによる体重の増加で懸念されていた生活習慣病のリスクには充分に気をつけたいものです。

両親の為にチャンピックスを活用した禁煙生活を始める

家庭によって禁煙を始めたくなる理由は様々ですが、我が家の場合は両親を苦しませる事が嫌で禁煙を始める事となりました。
それは高齢になった両親を自宅に呼んで、一緒に生活しようと提案した事が始まりなのですが、私の両親は二人とも煙草の臭いが苦手だったのです。
両親は二人とも高齢なものですから、あまり煙草の副流煙を吸わせたくないという気持ちもありました。

これが良いきっかけだと思い、両親と一緒に生活を始める前に禁煙を成功させようと頑張る事になったのです。
しかし禁煙の専門家の意見なども聞かず、自力で禁煙を続けようとするのは非常に辛いものでした。
それまで自分は怒りっぽい性格ではなかったのですが、禁煙生活を始めてからは些細な事にもイラつく様になってしまったんです。
このままでは両親と生活する事になっても、イライラを両親にぶつける事になりかねないと思い怖くなりました。
そして考え抜いて決めたのが、お金がいくら掛かろうと構わないので、医薬品に頼って禁煙をするという事です。
その時に見付けたのがチャンピックスという製品で、この医薬品は禁煙に悩む方々の救世主となる医薬品と言われています。

お金がいくら掛かっても良いとは考えていましたが、想像よりも安い医薬品だったという点は大助かりでした。
チャンピックスは煙草を吸った時に、脳内の快楽物質が発生しない様に抑制してくれる効果を持っています。
御陰で今までは煙草を吸う度に、頭まで快楽がジンワリと浸透していく様な感覚があったものが無くなってくれたんです。
その効果もあってか煙草を吸いたいという気持ちも減少してきて、今では中毒症状を抑える為にニコチンシールを貼る程度で済んでいます。
これだけ聞くと一瞬で禁煙が出来る様に思えるかもしれませんが、禁煙治療というのは数ヶ月以上の期間を必要とするものです。
いくら煙草を吸っても快楽物質が発生しないと言えど、煙草を吸っていないと落ち着かないという症状は出てくるかもしれません。
その禁断症状を抑える手助けをしてくれる医薬品だという事を考えて、数ヶ月は禁断症状と戦っていく必要があるのです。
それでも想定していた禁断症状よりは遥かに軽いもので、煙草を吸えない事によるイライラなどは今までとは比べ物になりません。

まったくイライラせずに禁煙を続けられるというのは、精神的にも楽で安心出来たものです。
チャンピックスは価格も安いものですし、禁煙に成功すれば1年も禁煙治療を続ける必要はありません。

だからこそコストパフォーマンスの面で見ると、想像以上にお買い得な医薬品だと思えるはずです。
毎月の様に煙草にかけていた費用が、完全に削減出来る事と合わせて、今では家計に相当な余裕が出来ています。
両親だけではなく嫁も喜ばせられて、禁煙は大成功だったと言えるでしょう。

今では両親とも仲良く生活出来ていますし、家の中が煙草臭いという事も全くありません。
部屋の中が煙草臭いというだけでも、禁煙を考える価値はあるはずです。

禁煙したいならチャンピックスを服用してタバコ代を浮かし、そのお金を趣味に投じよう

タバコを吸う人はタバコを吸うとストレス解消になるとか、職場の喫煙ルームがコミュニケーションが生まれる場所であると主張する人も中にはいるのかも知れません。
しかしながらタバコの煙にはアセトン・ヒ素・トルエン等の人体に悪影響を与える有害物質が4000種類以上も含まれており、その内のベンゼン・カドミウム・4-アミノビフェニル等は発がん性物質とされています。
また、依存性はヘロイン程度であり禁断症状もコカインより強く、タバコに含まれるニコチン依存症になってしまった人がタバコを止めようと決意して、自分の意思だけでそれを実行するのは、ヘロインやコカイン等の薬物と同じくらい困難を極めるのです。
タバコの害はそれだけではありません。
タバコの紫煙はタバコを嫌う人に受動喫煙をさせる結果に繋がり、周りの人に健康被害を与える事になります。
また喫煙は生存率にも影響を与え、例えばタバコを吸うのが当たり前という毎日を過ごしてきたのなら、寿命にも影響を与える可能性が高くなります。
ある調査機関の調べによれば、35歳で禁煙を始めれば10年間寿命が延び、40歳で始めれば9年間・50歳で始めれば6年間、あるいは60歳で禁煙を始めれば3年間寿命が延びるというデーターがあります。
すなわち、これは禁煙を始める年齢が若ければ若い程、寿命が延びる年齢も長くなる可能性があるという事になります。
禁煙のメリットは自分の健康面だけではなく、金銭面にもあります。
今年の4月1日から消費税が5%から8%に上げられ、タバコも例外ではなく値上がりをしましたから、ここで禁煙が出来れば家計にも余裕が生まれる等、様々なメリットを享受出来る事になるのです。
さて、禁煙にチャレンジするに当たり、これまで様々な方法が考案されて来ました。
例えば、タバコを吸いたくなったら禁煙用のガムを噛む・深呼吸をする・周囲に禁煙宣言をする等があります。
しかし、チャレンジしてみた事はあるけれども挫折してしまったという人にも無理なく禁煙出来る様な治療方法が確立されました。
それは喫煙を一つの病気と捉え、医薬品により禁煙を実現するという方法です。
最近では禁煙外来を謳うクリニックや病院の科目を設けている所があり、12週間で5回の診察を受ける治療スケジュールで、健康保険が適用されます。
初診では吐く息に含まれる一酸化炭素の濃度を測り、別の持病で医薬品を服用している事等を医師に伝えると、総合的に医師が診断し適切なアドバイスを受けます。
そして、この時にチャンピックスという禁煙治療薬を処方される事が一般的です。
この治療でユニークなのが、チャンピックスを服用しつつも最初の7日間はタバコを吸っても構わないという所にあります。
また、絶対にタバコを吸わないと自分に言い聞かせ意思を貫くという気持ちで臨むのでは無く、今日は吸わないで置こう等という様な気楽な姿勢で臨むのがポイントです。
毎回、一酸化炭素の濃度を測定して状況を観察しながら、徐々にチャンピックスの服用量を増やしていきます。
そして5回目の受診が最終受診日となり、最後の一酸化炭素の濃度を測定を行い、医師から最終的なアドバイスを受けます。
この禁煙治療にかかるコストはおよそ1万9千円弱程度ですが、12週間のタバコ代が3万3千円以上かかる事から考えれば、安価である事が理解出来るでしょう。

チャンピックを使った禁煙プログラムで禁煙を成功させました

私がタバコを吸うようになったのは、会社に勤め出した23歳の時のことでした。
それから10年間、私はタバコを吸い続けましたが、結婚を機にタバコを完全に断つことにしました。
その時私の禁煙をサポートしてくれたのが、チャンピックスという医薬品です。
禁煙を決意したとき、私は会社の女性社員の中で最もタバコを多く吸っており、周りの社員からは絶対に禁煙出来ないだろうと言われていました。
それでも、結婚することが決まっていた私は、将来子供に影響を与えないようにと、結婚前に完全に禁煙してやろうと思っていたのです。

しかし、私の禁煙は難航しました。
禁煙を決意して間もなく、自宅ではまったく吸わないようになったのですが、会社でストレスが溜まると、ついつい他の社員からタバコをもらって吸ってしまうことがしばしばありました。
また、飲み会の席に顔を出すと、つい他の人につられてタバコを吸ってしまいます。
このままでは完璧に禁煙することは無理なのではないかと悩んだ私は、お医者さんに禁煙について相談してみることにしました。
たまたま会社の近所に禁煙を相談出来るクリニックがあったので、そこに行ってみることにしたのです。
さて、私が禁煙を相談したクリニックでは、約3ヶ月間で禁煙を目指すプログラムを実施していました。

そのプログラムで使用する禁煙補助薬が、冒頭に書いたチャンピックスです。
禁煙プログラムでは、まずニコチン依存度をチェックしたり、呼気の中に含まれる一酸化炭素の濃度をチェックしたりしました。
それから禁煙を開始する日をお医者さんと決めて、私の本格的な禁煙の挑戦が始まったのです。

初回の診療を終えて、まずは2週間、自分で禁煙を維持することになりました。
私は早速チャンピックスの服用を開始して、数日間はタバコを我慢しました。
すると、以前ほどはタバコを吸いたいという気持ちが起こらず、気がつけば1週間ほどタバコを吸わずにいることが出来たのです。
クリニックの先生の説明によると、チャンピックスを服用すると、タバコを吸わないことによるイライラが起きにくくなるそうです。

医薬品の効果のおかげか、初診から2週間が経ち、2回目の禁煙プログラムを受けるために再びクリニックを訪れるまで、私はタバコを吸わずにいることが出来ました。
2回目の受診でも、呼気中の一酸化炭素のチェックを行いましたが、私はタバコを2週間吸わなかったため、数値は落ちているようでした。
クリニックの先生に、良い調子ですね、と褒められたのが嬉しかったです。

また、その頃には禁煙のおかげか身体の調子が良くなっていて、普段通り歩いていても身体の軽さを感じるようになっていました。
しかも、タバコをやめてから肌に艶が出てきたようで、婚約中の彼氏からは綺麗になったね、と褒められました。
こんなに良いことずくめなら、もっと早く禁煙しておけば良かったな、と思いながらも、この嬉しい体験を糧に私は禁煙を続けたのです。
そして、ついに5回に亘るクリニックの禁煙プログラムを終えて、私は完璧な禁煙を果たしました。
私の禁煙をサポートしてくれたクリニックとチャンピックスには本当に感謝しています。

チャンピックスは禁煙補助剤です

身の回りには依存性が高い物質がいくつもあります。
有名な所ではニコチン、アルコールなどでしょうか。
その為、一度タバコを吸いだすと、ちょっとイライラしたら喫煙、さらに暇になった時も喫煙してしまうような状態にもなる事があります。
ただタバコは自分だけでなく周りの人の体にも悪い影響を及ぼし、子どもなどは親の喫煙で喘息になってしまう事もあるのです。
だから自分だけでなく家族の健康について考え、禁煙するようにしましょう。
ところで、今時代は変わってきて、禁煙は病院で医師に相談して行う人が増えてきているのをご存知ですか。
ただ好きなタバコを止めるだけなのになんで病院へ、と思う人がいるかもしれませんが、前述したようにニコチンは非常に依存性が高いものです。
だからなかなか禁煙できないという事は、一種のニコチン依存症だという事もできます。
だから自分だけで何とかしようとするのではなく、家族、そして病院の医師の力を借りて禁煙を成功してみてはいかがでしょうか。
禁煙外来で処方される薬がチャンピックスと呼ばれるものです。
指示に従って飲み続けると、非常に高い禁煙効果を発揮してくれるという物で、それを利用して禁煙している人が増えてきています。
この薬の大きな特徴は、タバコがおいしくなくなるという事です。
人間の体はよくできていて、今欲している物を吸収する事が出来るとおいしさを感じたり、満足感を感じます。
だからタバコを吸う人は、すでに体が欲しがっているニコチンを供給する事が出来るので、おいしさを感じる事もできるのです。
ではすでにニコチンが必要ない状態になっていたらどうでしょうか。
吸ってみても、おいしさを感じられなくなっていくのです。
またおいしくないから吸いたいとも思いません。
チャンピックスは無理なくニコチンを欲しがらない状態に体を持っていく事が出来るので、現在ある禁煙方法の中でも最も成功率が高い方法と言えます。
ただ、病院で薬を処方してもらうとなると気になるのは医療費ではないでしょうか。
出来れば無駄なお金を払いたくない、そう思う人も少なくありません。
チャンピックスは病院で処方してもらう場合、大体薬価は1錠240円程度です。
タバコは銘柄にもよりますが1箱400円程度、それを考えると今まで出していたタバコ代に比べてより安く禁煙が出来るという事が分かっていただけるでしょう。
ちなみに20歳から50年間喫煙し続けると、一緒に飲むコーヒー等を含めると、1600万円ものタバコ代になるという計算結果もあります。
禁煙の為にチャンピックスを服用する場合、保険を適用する事が出来ると12週間で大体2万円程度で済むのです。
12週以降も飲み続ける事は出来、その場合も病院や海外医薬品の個人輸入で薬自体は手軽に手に入れる事が出来ます。
体の為にも、そして自分の将来の為にも喫煙の習慣がある人は禁煙してみてはいかがでしょうか。
チャンピックスならより高い成功率で禁煙成功に導いてくれます。