禁煙補助薬チャンピックスの効能

個人ではなかなか難しい禁煙ですが、最近は禁煙外来の置かれている病院も増えています。
禁煙外来では医師の指導のもと、必要があれば禁煙の補助剤なども使って禁煙の成功率を高める治療をしています。
禁煙外来ではいろいろな禁煙のための薬が処方されますが、成功率が高いことで有名な薬のひとつにチャンピックスがあります。
この薬には脳内の神経細胞にあるニコチンの受容体をコントロールする効能がありますので、本人の意思の強さなどとは無関係に禁煙がスムースに進みます。
たばこがなかなか止められないメカニズムは、ニコチン受容体とドーパミンの放出にあります。
たばこを吸うとニコチンが体内に入りますが、体内に入ったニコチンは脳のニューロンにあるα4β2というニコチン受容体に結合します。
すると快の神経伝達物質であるドーパミンが放出されるので、心地よい、またたばこをおいしいと感じます。
禁煙補助のために使われるチャンピックスには、有効成分としてバレニクリン酒石酸塩が含まれています。
このバレニクリン酒石酸塩はたばこのニコチンと同じようにニコチン受容体に結合する性質を持っていて、実際に結合するとたばこの時と同じようにドーパミンも放出されます。
このメカニズムを応用することにより、この薬を服用すれば体内にニコチンが足りなくなることで起こる「たばこを吸いたい」という症状を抑えることが可能なのです。
つまり、本人の意思や努力とはまったく関係のないレベルで禁断症状を抑えることができるために禁煙の成功率が高くなります。
他の禁煙補助の薬にはニコチンパッチやガムなどがありますが、ニコチンパッチなどですとたばこ以外のルートで体内にニコチンを取り込んでニコチン受容体に結合させてドーパミンを分泌させることでたばこを吸いたいという欲求を抑えています。
ですから、ニコチン依存を改善するための対策として考えるとパッチやガムでは不十分ということになります。
その点禁煙補助薬のチャンピックスはニコチン以外の物質をニコチン受容体に結合させてドーパミンを放出、ニコチン不足を感じさせない治療なので禁煙とニコチン依存の両方に効果が期待できます。
またこの薬には、たばこをおいしいと感じさなくなる効果もあります。
喫煙している間は体内で足りなくなったニコチンをたばこで補充していますから喫煙することで快感や満足感が得られていました。
しかしチャンピックスをたばこよりも先に服用していれば、ニコチン受容体にニコチン以外の物質、つまり薬の有効成分が結合していますから既に体内には充分な量のニコチンがあるに等しい状態が保たれているわけです。
ですからそこへたばこを吸っても、たばこによる満足感や快感は得られず、次第に喫煙を心地よいと感じなくなっていきます。
薬の成分が作用すれば無理なくたばこから遠ざかることができますので、服用し始めの間は無理に禁煙をしなくてもよいとされているのもチャンピックスの人気の理由のひとつです。

Comments are closed.