チャンピックスでストレス無しに禁煙しましょう。

世の中には、喫煙を愛し、タバコを吸い続ける愛煙家と言う人達が沢山おられます。
そしてその中に、悪習である喫煙行為を中止したいと考えている人も沢山いるはずです。
「タバコをやめたいならばただちに辞めればいいの」に他人は思うけれども、実際はタバコを吸い続ける人達が沢山存在するのも事実です。

二重人格、1人論理矛盾の固まりのような人達が沢山いるということなんでしょう。
体に著しい害があるのは良くわかっているが、長年の間に喫煙することで快適に回るようになった体のサイクルを変えることが出来なくて苦しんでいる人が沢山いるということです。

その為昔からタバコをやめるための様々な努力がなされてきました。
禁煙パイボ、電子タバコ、禁煙セラピー、座禅、禁煙マラソン、アレンカージャパン(禁煙セラピーの生受講)、ニコレット、ニコパッチ、禁煙草等の多くの方法が開発されて、禁煙したいと思っている多くの人達が実践しました。
上手く行った場合も有りそうでない場合も有りました。

タバコの害は、すなわち命につながることになるので本来真剣に対応すべき事柄なのに、いい加減で終わってしまう人があとを絶ちません。
これらの方法では、確かに今までのタバコを吸いたいと言う禁断症状はかなり緩和されて、そのまま禁煙してしまうことが可能です。
ただその半面、タバコを吸いたいと言う気持ちには、まだなるので、禁煙を勝ち取るためには強い意志の力が必要になります。
それで、その時に、最初の決意にも関わらず、タバコをまた吸ってしまう人がいます。
このあたりが従来の禁煙メソッドの限界ではありました。

そして真打ちチャンピックスの登場となりわけです。
チャンピックスはあのED治療薬バイアグラを世に送り出したあのファイザー社です。
タバコを吸うことで体内に取り込まれたニコチンは、”α4β2ニコチン受容体”とくっつくことで、ドーパミンが放出させます。
このドーパミンが喫煙者にことのほかの快感を与え、「おいしい」と感じさせるようになっています。

このメカニズムに着目したファイザー社は、α4β2ニコチン受容体にバレニクリン酒石酸塩をぶつけることでニコチンがα4β2ニコチン受容体にくっつくのをブロックします。
ニコチンは、くっつく相手がいなくてウロウロすることになるわけです。
これは人体でCOによる酸欠症状になるときの状態と良く似ています。

酸欠の場合に、ヘモグロビンに酸素がくっつく前に、一酸化炭素がくっついてしまうので酸素が体内に取り入れられなくなるから発生します。
チャンピックスの場合、ニコチンが体内に入らないようにバレニクリン酒石酸塩がニコチンの邪魔をすることになります。
そうなると、今までニコチンを摂取しないと出来なかったドーパミンが、ニコチン無しでも発生するようになるのでタバコを吸って上手くないという状態が発生します。
このことで、苦労なしで禁煙が出来るようになります。

このことは大変凄いことです。
是非、禁煙メソッドで行き詰ったら一度お試しください。
一度禁煙に失敗した人にお勧めと言えるでしょう。

Comments are closed.