チャンピックスで禁煙がうまくいく仕組み

禁煙外来で用いられる禁煙のための補助薬のひとつに、チャンピックスという薬があります。
禁煙に何度も取り組んでみたけれど、その都度挫折してしまう、たばこを吸いたい気持ちを抑えるのが難しいという人は多いものですが、これはニコチンの依存性によります。
ニコチンの依存性というのは、脳内の神経伝達細胞ニューロンにある受容体に関係があります。
脳内にはニコチンに感作する受容体があって、そこにニコチンが結合するとドーパミンが放出される仕組みになっています。
ドーパミンは心地よさの伝達物質ですから、結果的にたばこをおいしいと感じるわけです。

逆に体内にニコチンが少なくなってくると、ドーパミンが出ませんのでいらいらしたり不安を感じたりしてたばこを吸いたいという気持ちになってしまうのです。
これがニコチンの依存症で、禁煙を難しくする要因です。
チャンピックスは、このニコチンの依存性を応用した禁煙補助薬です。
有効成分はバレニクリン酒石酸塩といって、ニコチンのように脳内のニコチン受容体と結合することができる成分です。

バレニクリン酒石酸塩がニコチンの受容体に取り付くと、ニコチンの時と同じくドーパミンが放出されますのでたばこを吸った時のような心地よさが得られます。
これがこの薬の効能で、たばこを吸う前に服用しておけば薬の有効成分がニコチンの受容体に先回りするためニコチンの禁断症状を防ぐことができるという仕組みです。
バレニクリン酒石酸塩の働きにより、本人が特別に頑張らなくてもたばこを吸いたいという気持ちを自然に抑えることができるのがチャンピックスを禁煙に用いる最大のメリットです。
またこの薬には、たばこをおいしいと感じさせなくなるという作用もあります。
たばこよりも先に服用しておくことでニコチンの代わりに薬の有効成分が受容体に作用していますから、体内にはニコチンが十分にあるのと同じ状態が作られています。
ですから、たばこを吸っても満足感にはつながらないためより禁煙がしやすくなるのです。

チャンピツクスの使用方法として、服用を始めて最初の数日間は今まで通りたばこを吸ってもいいというのも、服用を続けていれば自然にたばこがおいしくなくなりたばこから遠ざかることができるからです。
禁煙補助のために使われるものには、他にニコチンパッドや二コチンガムなどがあります。

これらも禁煙を助ける原理は同じです。
しかし、ニコチンパッドやニコチンガムでは、たばこ以外の方法でニコチンを体内に補充することでたばこを吸いたいという衝動を抑えるため、肝心のニコチン依存をたちきることにはつながっていきまん。
その点このチャンピックスは、ニコチンとは別の物質でニコチン依存をたちきる仕組みになっている唯一の補助薬です。
ニコチンではない物質でたばこがやめられ、ニコチンの依存症を根本から断ち切ることができるので禁煙の成功率がほかの禁煙補助薬に比べても格段に高いのです。

Comments are closed.