チャンピックスは禁煙補助剤です

身の回りには依存性が高い物質がいくつもあります。
有名な所ではニコチン、アルコールなどでしょうか。
その為、一度タバコを吸いだすと、ちょっとイライラしたら喫煙、さらに暇になった時も喫煙してしまうような状態にもなる事があります。
ただタバコは自分だけでなく周りの人の体にも悪い影響を及ぼし、子どもなどは親の喫煙で喘息になってしまう事もあるのです。
だから自分だけでなく家族の健康について考え、禁煙するようにしましょう。
ところで、今時代は変わってきて、禁煙は病院で医師に相談して行う人が増えてきているのをご存知ですか。
ただ好きなタバコを止めるだけなのになんで病院へ、と思う人がいるかもしれませんが、前述したようにニコチンは非常に依存性が高いものです。
だからなかなか禁煙できないという事は、一種のニコチン依存症だという事もできます。
だから自分だけで何とかしようとするのではなく、家族、そして病院の医師の力を借りて禁煙を成功してみてはいかがでしょうか。
禁煙外来で処方される薬がチャンピックスと呼ばれるものです。
指示に従って飲み続けると、非常に高い禁煙効果を発揮してくれるという物で、それを利用して禁煙している人が増えてきています。
この薬の大きな特徴は、タバコがおいしくなくなるという事です。
人間の体はよくできていて、今欲している物を吸収する事が出来るとおいしさを感じたり、満足感を感じます。
だからタバコを吸う人は、すでに体が欲しがっているニコチンを供給する事が出来るので、おいしさを感じる事もできるのです。
ではすでにニコチンが必要ない状態になっていたらどうでしょうか。
吸ってみても、おいしさを感じられなくなっていくのです。
またおいしくないから吸いたいとも思いません。
チャンピックスは無理なくニコチンを欲しがらない状態に体を持っていく事が出来るので、現在ある禁煙方法の中でも最も成功率が高い方法と言えます。
ただ、病院で薬を処方してもらうとなると気になるのは医療費ではないでしょうか。
出来れば無駄なお金を払いたくない、そう思う人も少なくありません。
チャンピックスは病院で処方してもらう場合、大体薬価は1錠240円程度です。
タバコは銘柄にもよりますが1箱400円程度、それを考えると今まで出していたタバコ代に比べてより安く禁煙が出来るという事が分かっていただけるでしょう。
ちなみに20歳から50年間喫煙し続けると、一緒に飲むコーヒー等を含めると、1600万円ものタバコ代になるという計算結果もあります。
禁煙の為にチャンピックスを服用する場合、保険を適用する事が出来ると12週間で大体2万円程度で済むのです。
12週以降も飲み続ける事は出来、その場合も病院や海外医薬品の個人輸入で薬自体は手軽に手に入れる事が出来ます。
体の為にも、そして自分の将来の為にも喫煙の習慣がある人は禁煙してみてはいかがでしょうか。
チャンピックスならより高い成功率で禁煙成功に導いてくれます。

Comments are closed.